廃車ひきとり110番(トップページへ)
車の廃車(軽自動車、バイク、原付)買取、引き取り、廃車の手続きの方法とは!

廃車の手続き(買取、引き取り)廃車に関するプロ「廃車ひきとり110番」

廃車の手続き全般 廃車の手続き
⇒ 廃車手続きのプロ。廃車ひきとり110番はこちらから。 廃車の買取、引き取り

廃車の買取や引き取り、廃車手続きが商売になる理由とは!

■廃車(特に日本車)はゴミじゃなく、宝の山なんです!

★一般的に廃車された車はスクラップとなると思っている人がほとんどではないでしょうか。

しかしご存知のように、今は地球環境問題が大きく取り上げられています。
21世紀は地球温暖化が叫ばれ、人類はじめ生態系そのものが重要な課題と直面しています。

自動車リサイクル(廃車)は、

・リデュース(ゴミ自体を出さない工夫)廃車の買取、引き取り、廃車の手続き代行
・リユース(再使用)
・リサイクル(再生利用)


の3R、国もテレビ等で盛んにキャンペーンを行っています。
人間がやらなければならないのです。
廃車された日本車は、ゴミではありません。むしろ宝の山です。
廃車された日本車は世界で一番品質がよいのです。
その理由は主に5つ。

日本には車検制度があり国で定められた保安部品を交換しなければならない。だから整備がきちんとされています。

日本は国土が狭いため走行キロが少ない(10万キロちょっと)。欧米諸国は約30万キロです。車の傷みが少ない。

日本はインフラ整備が整っている。殆どの道路は舗装され   足回り部品はよい状態である。まだ十分使える!

日本人は車を大事にし、大きなへこみなど、ぼこぼこになっている車はない。外装(ドア、バンパー、など)状態がよい。

車の乗換えが今は一時に比べ長くなったが(11年)欧米諸国は17年。


新車は各部品を集めて造られたものです。一つ一つの部品はメーカーの厳しい品質検査を合格した優れもの。それだけ優秀な車ですから、廃車後も中古部品としてリサイクルが出来ます。

廃車手続き110番〜廃車の手続き(廃車の買取、引き取りなど)当然日本国内はじめ海外にも必要不可欠です。 特に海外においては日本車が世界の自動車の30%近く走っています。 この状況から中古部品が必要とされています。もし供給できなければ車は走れず廃車後は不法投棄されていきます。適正処理されず、フロンガスの放出、オイルの垂れ流しなどの問題が発生しています。
このようなことが地球温暖化に拍車をかけることになります。 新品に比べ安くて品質のよい廃車の中古部品はなくてはならないものです。 また廃車の中古部品を使うことにより限りある資源にも貢献しているのです。
廃車の買取や引き取りなど廃車手続きがビジネスとして成り立つのはこのような理由があるからです。


(PR)

廃車後のリユースとリサイクルについて

■廃車の買取、引取、廃車の手続きをお任せ頂きたい理由

◆解体(生産)
当社のグループ会社(株)オートセンターモリ エコワールド事業部では、車検・整備の経験を生かし、徹底した工程時間の短縮をはかっています。また、解体現場で通常使用される大型解体重機は使用せず、全て手作業で解体を行っています。 その結果、場内のゴミ・粉塵・廃油・騒音・振動などは最小限に抑える事に成功しています。また、大型重機を使用するよりも精緻な解体を行うことができ、その分別種数は大型重機使用時の4倍近くの200品目に及びます。取り外した部品はそれぞれ、リユース(中古部品)、リサイクル(マテリアル、サーマルリサイクル)されます。

◆販売・輸出
長年の中古車販売、約5年の自動車リサイクル業の経験などから、中古車、中古パーツの輸出業者【中古車としてそのまま販売できる物】【板金等の加修を加えて販売できる物】【中古部品として販売できる物】等スクラップにするには「もったいない」物を適切に見分けることが出来ます。 中古部品はネット販売等での業者販売のほかに、中古部品を専門に扱うグループ会社で一般顧客向けに販売します。また自社板金工場にてユーザーに説明・ご理解の上、中古部品を利用しています。また、日本の中古車は走行距離も少なく、丁寧に扱われている車が多いため海外でのニーズがあります。当社がコンサルしている解体工場では輸出業者に中古車やエンジン単体を販売しています。



廃車の買取&引取・廃車手続き110番:サイトマップなど

必要書類廃車業者の選び方車庫証明名義変更変更登録車検運転免許自動車保険交通事故ETC自動車リサイクル法よくある質問環境問題廃車手続きリンク中古車廃車反則金反則金保険サイトマップ相互リンク| (PR)マンスリーマンション

最新情報

【廃車ひきとり110番】
では処理に困っている車(廃車予定、解体予定、事故車、不動車、冠水車、10万km以上のため買取店で値段がつかない車など)の買取りや引取〜廃車までの手続をすべて行います。
サービスエリアは北海道から沖縄まで日本全国の対応が可能です。
また、「廃車ひきとり110番」の基本理念としては地球環境を考えた循環型社会の形成に車を通じて貢献する事であり、できる限り引取った車やその車の部品をリユース(再利用)したり、鉄の原料としてリサイクル(再生)できるような処理を目指しております。



廃車ひきとり110番

廃車ひきとり110番では、ご相談は一切無料です。日本全国一律見積り・査定いたします。
お気軽にお問い合せください。
廃車ひきとり110番に加盟の解体業者はすべて公的に許認可を受けて、自動車リサイクル、環境問題に積極的に取り組んでいます。



廃車と地球の環境

現在、地球上には8億台以上(2006年3月現在)もの自動車が存在し、さらに毎年4〜5千万台ペースで増え続けております。最終的にはそれらは廃車となり、地球環境に多大な影響を与えることが懸念されております。また、自動車の不法投棄・不適正処理が社会問題ともなっています。

綺麗な地球を未来に遺すため、廃車を「ゴミ化」するのではなく「資源化」する、リユース&リサイクルの最適なシステムを提言することで地球環境を見直す事に繋がると考えています。
中古車ビジネス関連





環境問題と廃車手続き
(トップページへ戻る)
自動車リサイクル法とは
廃車リサイクルで環境貢献

廃車手続きは簡単です
「廃車」よくある質問
廃車の必要書類とは
廃車時の業者の選び方

廃車等、車の手続き方法
車庫証明の取り方
車の名義変更の仕方
車の変更登録の仕方
車検
運転免許の取得方法
自動車保険の選び方
ETCの取付とそのメリット
交通事故の対処方法
廃車の手続き方法

廃車手続き(買取、引取)

廃車ひきとり110番では、ほぼ100%の廃車リサイクルを実現。リサイクル出来る廃車の部品が増えればそれだけ廃車引取り時の車の価値が上がり、ユーザー様が負担する廃車手続き費用も安くなります。
お車によっては廃車せず買取りさせて頂くケースもございますので、是非ご相談ください。
あなたの不要になった車がお金になるかもしれません
(廃車は宝の山!)


反則金全額補償保険
青キップ110番」(PR)

青キップ110番」とは、駐車違反等の交通違反に伴う反則金が完全に補償される交通反則金補償制度です。
道路交通法違反(青キップ)なら全国どこでも、何度でも、反則金があなたに代わって支払われます。
運転免許証で加入ができ、加入翌日(午前0時)から1年間に渡り、あなたの反則金が完全補償されます。


Powered by k2-s.com
Copyright© 2005-2007廃車引取&買取110番 All Rights Reserved.